1. ホーム
  2. 信州のお酒
  3. (株)丸世酒造店

(株)丸世酒造店

創業年 明治3年

住所 〒383-0022 長野県中野市中央2丁目5番12号

TEL/FAX 0269-22-2011/0269-22-2041

URL http://marusesyuzouten.co.jp

e-mail ikioi@marusesyuzouten.co.jp

地元に人々に親しまれるいきおいのある酒造り・・・

初代、関甲七郎が明治3年に現在地中野で酒造業を開業しました。
世の中が丸くなるようにと願い屋号を「丸世」とし、レッテルに用いた「鯉の滝のぼり」は元気溌剌としていきおいがあって良いとの伝えから銘柄に決め、図案にもなっております。
創業以来伝統技術を守り、県下でも唯一高精白のもち米を仕込む「もち米四段仕込」を製造方法に取り入れこだわりの銘酒に仕上げております。
日本酒は通常一つの仕込みで、酒米を三回(三段)に分けて仕込みます。
四段仕込は通常の仕込みをした後、発酵が進み終了、しぼる時期が近づいた頃に「もち米」で甘酒を作り、もう一回仕込みをして、「もち米」の旨味で味の奥深さを出す方法です。
地元の皆様に愛される日本酒を醸造しながら、これからも古来からの酒造りの伝統を継承し、味にこだわり続ける蔵元です。

こだわり

徹底して仕込水・割水共にこだわっています。
上水道を浄化してマグネシウム、カルシウムを完全除去、硬度はほぼゼロの超軟水で醸しております。

おすすめの一本

純米酒 旭の出乃勢正宗(ひのでのいきおいまさむね)
銘柄「旭の出乃勢正宗」は、商売繁盛、家内隆盛を願い、図案の 「如意宝珠(にょいほうじゅ)」は、仏教の「拝めば願いが叶う」 という意味が込められており、両方を一本化しました。
搾った後、 1.8Lビンに詰め、冷蔵庫(5℃)で貯蔵しています。その為上品な 甘さとまろやかな旨みがあり、後味が「さっぱり」しています。

酒蔵見学

お申し込み方法:お電話にてお申し込みください。
期間:毎年1月20日~2月20日頃
営業時間:9:00~17:00 定休日:日曜日

(株)田中屋酒造店 < 信州のお酒一覧へ戻る > 黒澤酒造(株)

このページの先頭へ

長野県酒類販売株式会社
〒380-8551長野市大字稲葉日詰沖1414
TEL.026-221-1251(代) FAX.026-221-2097
Copyright NAGANO KENSYUHAN All rights reserved.