1. ホーム
  2. 信州のお酒
  3. 喜久水酒造(株)

喜久水酒造(株)

創業年 昭和19年

住所 〒395-0807 長野県飯田市鼎切石4293番地

TEL/FAX 0265-22-2300/0265-22-2329

URL http://www.kikusuisake.co.jp/

e-mail shinshu@kikusuisake.co.jp

お客様の立場にたった酒造り

戦時下の昭和19年に飯田税務署管内に点在していた37蔵が企業合同し喜久水酒造株式会社が創立されました。
酒名の歴史は慶応二年、湊川神社の分霊を許され、飯田の地にご神体をお祭りし、この機に酒名も南公ゆかりの「菊水」としましたが、明治時代の菊の紋廃止令により「喜久水」と改名しました。
会社設立当時から清酒や焼酎を製造しており、飯田地方では喜久水といえば清酒の代名詞となっております。そば・むぎ・こめ焼酎に加えて10年前から信州初となるいも焼酎を製造しています。今年(平成28年)から今話題の発泡性清酒「あわわ」とリンゴのお酒「きくすいシードル」を発売しました。
喜久水は南信州の唯一の酒蔵であり、この地方の農産物を原料にワインやリキュール等も製造し、お客様と共に地方の酒文化の発信地として地域に愛されております。酒造りの技術は高く、全国新酒鑑評会では2年連続金賞を受賞しており、社員杜氏の研鑚の賜物と思います。
原料米の高嶺錦は地元農家と契約栽培し安全安心をモットーに、米を作る人から酒を造る人、飲んでいただくお客様まで顔のみえる循環型社会の構築の一助となる企業を目指しております。

こだわり

南信州の清冽な大自然の恵みを受けた地元の原料を使い、名水百選「猿庫の泉」水系の水を仕込み水に、 地元社員杜氏や蔵人が自社精米をし、米や精米にこだわり、仕込み水に拘って多様化しているお客様のニーズに対応するべく多様の商品を製造しています。

おすすめの一本

純米吟醸 「猿庫の泉」(さるくらの泉)
米は信州産美山錦にこだわり、55%まで自社で精米し、信州の厳寒期凍てつく名水百選「猿庫の泉」の水を汲み、仕込んだ純米吟醸猿庫の泉は、 毎年長野県原産地呼称認定を受けており、豊な香りとさわやかな味わいが首都圏で今話題となっています。

ショップ案内

酒蔵見学(翠嶂館)
営業時間:9:00~17:00
土・日・祝日:9:30~16:30
団体は要予約
5月~9月の日曜日、12月31日・1月1日は休業
各種試飲もお試し頂けます。

(株)市野屋商店 < 信州のお酒一覧へ戻る > 大國酒造(株)

このページの先頭へ

長野県酒類販売株式会社
〒380-8551長野市大字稲葉日詰沖1414
TEL.026-221-1251(代) FAX.026-221-2097
Copyright NAGANO KENSYUHAN All rights reserved.