1. ホーム
  2. 信州のお酒
  3. (株)西飯田酒造店

(株)西飯田酒造店

創業年 江戸末期

住所 〒381-2235 長野県長野市篠ノ井小松原1726

TEL/FAX 026-292-2047/026-292-8168

URL http://w2.avis.ne.jp/~nishiida

e-mail nishiida@mx2.avis.ne.jp

長い歴史と新しい技術で醸し出す県内唯一の花酵母仕込み蔵

北アルプスに源を発する清流犀川のほとり善光寺平で江戸末期より酒造りを続ける西飯田酒造店。
アルプスおろしの厳しい寒気・清澄な空気・雪解け水。自然の恵みを受けて一滴一滴愛情を込めて醸しだします。

近年は伝統の技で仕込んだ「信濃光」に加え新進気鋭の蔵元杜氏により県内唯一の花酵母16種類ほどを使い分けて仕込む純米吟醸「積善せきぜん」は杜氏就任以来、関東信越国税局酒類鑑評会で5年連続優秀賞を受賞中です。

原料の酒米は自社農園や地元契約栽培の山田錦・美山錦・ひとごこち等を使用、季節感ある花酵母で仕込んだ日本酒は個性的な味わいで新しい日本酒ファンを生みつつあります。

また平成27年度より昭和59年度生まれの杜氏仲間と「信州59年醸造会(通称・59ジョウ)」を発足し「59醸」の統一ブランドで伝統の酒造りから新たな魅力を発信しています。

こだわり

東京農業大学で研究されている花から分離された優良清酒酵母(つるばら、撫子、日々草、など16種類)を使用。杜氏が農大時代に研究室で花酵母の抽出に関わっており、花酵母を使うことにより香りだけでなく酸に注目し旨みとのバランスを重視した酒質を追求しています。また、新たに酵母の組み合わせにも挑戦しています。 酒米は長野県産米にこだわり自社農園や契約栽培米を主に使用。 貯蔵管理にもこだわり特定名称酒はマイナス貯蔵することにより、庫出しで常に若い状態での出荷に心掛けています。

おすすめの一本

積善せきぜん 純米吟醸
長野県内産ひとごこち使用 精米49%
アルコール15度
酵母 つるばら
つるばらの酵母は香りと酸味が特徴で力強い味わいでキレが良い。
冷がおすすめですが、常温ぬる燗でもどうぞ。

酒蔵見学

お申し込み方法:お電話でお申し込み下さい。 (026-292-2047)
期間:冬期限定
営業時間:8:00~17:00
定休日:日曜日、祭日

(株)尾澤酒造場 < 信州のお酒一覧へ戻る > (株)酒千蔵野

このページの先頭へ

長野県酒類販売株式会社
〒380-8551長野市大字稲葉日詰沖1414
TEL.026-221-1251(代) FAX.026-221-2097
Copyright NAGANO KENSYUHAN All rights reserved.