1. ホーム
  2. 信州のお酒
  3. 桝一市村酒造場

桝一市村酒造場

創業年 宝歴5年

住所 〒381-0293 長野県上高井郡小布施町807

TEL/FAX 026-247-2011/026-251-4073

URL http://www.masuichi.com/

e-mail info@masuichi.com

創業時の酒蔵で造る酒・・・・

葛飾北斎と栗の郷、小布施町。
北信濃に花開いたこの格調高い文化の町に、悠然とそびえ立つ一本の古い煉瓦造りの煙突が桝一市村酒造場の目印です。
この蔵元の酒造りは、北斎を小布施に招いた高井鴻山家の家業の一つで、宝暦五年(1755年)の創業以来、二百余年にわたり一貫して酒造りの本道を歩んできました。 今日まで拡大志向を一切とらず、あくまでも創業時の蔵の規模を維持することにより、技と品質を守り抜いてきました。
更に近代化の中でいやおうなく損われつつあった、現在ではほとんど見ることの出来ない様な伝統の道具と技をも掘り起こし、原点に近づく酒造りを目指しています。酒米などの素材選び、酒造りの技、そして販売方法にいたるまで時代や流行に安易に流されるのではなく、つねに当蔵ならではの酒造りを貫き、飲み方に本物の味わい

こだわり

当蔵で譲される酒は、一銘柄につき一種類の酒米だけしか使われません。 しかも銘柄ごとに違った種類の酒米を使うため、目をつむっても銘柄の違いが分かるほど、個性の 際立った酒が産み出されるのです。

おすすめの一本

純米酒 スクウェア・ワン
屋号の桝一(ますいち)を英語にあてはめ名付けたのが、スクウェア・ワン。 “原点”“振り出し”の意味もあり酒造りの原点を思い、 小布施のサロン文化ルネッサンスへの願いも込めた濃厚辛口なお酒です。 開発コンセプトは「お父さんの喜ぶ酒」。 常温(昔の冷や)でお飲みになるのがおススめ。

ショップ案内

営業時間:9:30~17:00
定休日:年中無休
試飲:昔ながらの“てっぱ”(その場で飲めるはかり売り)も好評です。

(株)よしのや < 信州のお酒一覧へ戻る > 高沢酒造(株)

このページの先頭へ

長野県酒類販売株式会社
〒380-8551長野市大字稲葉日詰沖1414
TEL.026-221-1251(代) FAX.026-221-2097
Copyright NAGANO KENSYUHAN All rights reserved.